アットベリー成分紹介!

 

アットベリーはどんな成分が入っているのか?
本当に肌に大丈夫?敏感肌の方にも合う?

 

本当に良い成分が入っているか不安ですよね?
どんな成分が入っているか確認してみましょう!

 

アットベリー5つの美白成分

 

美白成分は5種類入っております。

 

@プラセンタ
Aグリチルリチン酸2K
B天草フラボノイド
Cトウキエキス
Dエイジツエキス

 

プラセンタ

 

プラセンタとは「胎盤」から有効成分を抽出したエキスになります。
細胞が活性化効果があります。

 

理由はプラセンタエキスが成長因子にしたがい細胞を活性化するからです。

 

一番黒ずみに効く理由は
プラセンタエキスが細胞活性化され、黒ずみを含んだメラニン色素
皮脂、角質が排出され、肌内部が綺麗になります。

 

 

グリチルリチン酸2K

 

甘草の根に含まれる成分になります。
消炎、炎症を抑える機能があります。

 

 

天草フラボノイド

 

2大美白成分と呼ばれ
ビタミンCの何百倍の効果があります。
チロシナーゼという酵素を抑え
(メラニンを作る元を抑え)

 

肌の黒ずみを抑える事が可能です。

 

 

トウキエキス

 

メラニン生成を抑える効果があり
抗炎症作用、鎮痛、血行促進、保湿効果があります。

 

セリ科植物のトウキの根から抽出したエキスになります。

 

 

エイジツエキス

 

肌荒れ防止、保湿、美白効果があります。
よく美白化粧品に含まれておりまして

 

イノバラから抽出したエキスです。

 

 

アットベリー6種類の保湿成分

 

@セラミド
Aコラーゲン
Bヒアルロン酸
Cエラスチン
Dトレハロース
Eアラントイン

 

セラミド

 

外部の刺激、細菌を防ぎバリア効果があり
メラニンの生成を抑えシミ、シワを防ぐ効果があります。
保湿機能の向上、水分の蒸発を防ぎます。
 
 
コラーゲン

 

定番の成分コラーゲン
水分を含んでみずみずしさを保つ効果があります。

 

紫外線、加齢はコラーゲンの代謝速度が衰えます。
それが原因で乾燥、しわ、たるみなど肌が悪くなる原因になります。

 

 

ヒアルロン酸

 

シワ、たるみ予防にヒアルロン酸!

 

水分を保持する働き、弾力性があります。
保湿力に優れヒアルロン酸の約6000倍とのことです。

 

 

エラスチン

 

肌に柔軟性を与えます。
年齢とともに減少するエラスチン。
これが減少するとシワ、たるみを引き起こします。

 

 

トレハロース

 

保湿、抗炎症、細胞の保護効果があります。
これはどういった成分かといいますと
キノコ類、酵母、動植物の細胞に含まれる糖分です。

 

 

アラントイン

 

肌荒れ、抗炎、保湿、キズを修復する効果があります。
牛の羊膜の成分になります。

 

 

アットベリー5種類の植物成分

@アロエエキス
Aジャクヤクエキス
B人参エキス
Cクララエキス
Dワレモコウエキス

 

アロエエキス

 

保湿効果、抗炎症、美白効果

 

肌への美容効果抜群のアロエ
抗炎症が強く、やけどに効果ありです。

 

 

ジャクヤクエキス

 

抗炎症、美白、保湿
保湿効果が優れ、皮脂のバランスを整えうるおい肌へ

 

 

人参エキス

 

保湿、新陳代謝の促進、肌荒れ防止効果
漢方薬でお馴染み万能薬です!

 

 

クララエキス

 

ニキビ、肌荒れ、日焼け、血行促進
肌の弾力低下、美白

 

マメ科クララの根からとりました。

 

 

ワレモコウエキス

 

美白、収れん、消炎、抗菌
ニキビ、肌荒れ、効果があります。

 

ベビー用ローションに使われている成分
バラ科植物ワレモコウ根から抽出エキスです。

 

 

アットベリー2種類のニオイケア成分

@桑エキス
A天然ビタミンE

 

桑エキス

 

抗菌効果、雑菌繁殖を防ぐ効果

 

メラニン抑制、紫外線防御、ビタミンCの30倍
コウジ酸の10倍
コラーゲン生成してくれる為
アンチエイジング効果もあり

 

本当にすごいです!

 

天然ビタミンE

 

血行促進、肌のターンオーバーを促進する効果
老化や肌荒れの活性酸を守る働きがあります。

 

アットベリーまとめ

 

アットベリーの効果をまとめると以下になります。

 

血行促進、日焼け
美白、保湿、抗炎症
シワ、たるみ、新陳代謝

 

本当に肌に良すぎる成分盛りだくさん
これで効果が無いわけないんです!

 

⇒アットベリー公式サイトはコチラ!